5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー

photographer写真の撮り方
写真の撮り方

お祭りでの子供たちの写真撮影どう撮る?何を気にしたら良い?何を着せる?

夏になりお祭りが各地で開催されていますね。毎年のことになりますし、イメージしてみて、参考になれば取り入れてみてください。

じつはお祭り以外でも、共通して意識していることでもありますよー。

真剣な表情を手元も一緒にとらえる

  • 何をして真剣なのかもわかるように手元まで撮影。

次はステップアップバージョン!

真剣な表情を手前にメインでとらえる。

特に手前の人の表情が写真撮影においては印象をつけることになる!

娘は5歳ですが、この切り取りのこの表情は女らしさもあるくらいな表情。

奥にいるのは息子くん。息子の手元には今やっていることがわかるヒントが写っているのもOK

他の人の子供さんは映らないように撮影。

何をして真剣なのかを映す

  • 流れているものって時代で変わります。だからこそ、息子たちの時はこんな感じだったよ。と時代を残せるようにする。
  • 他の子の顔がはっきり映らないようにする
  • 親からの視線の高さであえて撮る

アートっぽく切り取る

  • 顔とか身体とかがはっきり写っていない感じな切り取り

夏らしい衣装を着てもらう

今年は家族みんなで浴衣着てお出かけしました。

親の浴衣の色味を考えて、並んで統一感があるような色味の衣装を子供たちに購入!

子供達に似合う色味も考えました。

私の着物は丸井の楽に着れる浴衣!不器用でも絶対大丈夫なやつ!着崩れないやつ!

息子と娘の浴衣と草履は楽天ショップで購入!親子の衣装は一緒だけではなく、統一感で揃えるのもおすすめですね。

去年は息子は頂いた甚平。それに合わせて、紺にさくらんぼのワンピースに草履!

甚平は夏場は普段使いしています!

おさらいです!

  1. 真剣な表情を手元も一緒にとらえる
  2. 真剣な表情を顔メインでとらえる
  3. 何をして真剣なのか親視線からとらえる
  4. アートに切り取る
  5. 夏らしい衣装を着てもらう

まずは最優先にすることを明確にして、写真を撮るのが優先なのか、祭りを一緒に楽しむことが優先なのか、いつも優先順位を決めておくこと。これ大事です!

遊ぶ予定なのに、写真撮影をメインにしてしまって子供たちとの遊ぶ時間がなくなってしまうのは、子供にしたら寂しいことですからね。本気の写真撮影は年に数回あれば良いと思ってます。その中の1回をプロに依頼すると家族全員の写真が撮れて良い習慣かと。

家族全員写真は家族の宝。

子供たち写真も親写真も、今から未来へ残せる宝物。

あなたは宝を残していますか?

Category : 写真の撮り方
5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 丸山 京子

5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 千葉県市川市出身。 7歳の頃から写真を撮影してきた。常に写るんですがバックに入っているようなカメラを常に持っている子供。 5年後の姿を描いていただき、未来の自分になりきってもらい、 その姿を1枚の写真におさめたプロフィール写真とヘッダーを作成。 ビジネスが次元上昇する力を イメージの力で援護している。 お客様の姿や想いに共感、感動した時に、心でシャッターを切っており 表情の切り取りに 根強いファンがいる。

ブログ一覧へ戻る