5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー

days未来フォト日誌
未来フォト日誌

印象はコントロール可能!視覚情報を効果的に活用するにはこの3つが重要!

第一印象、その後の印象…印象って大切なものと言われています。
ここでは印象をコントロールするには?目からの印象を効果的に活用する方法を書いていきます。

貴方はどんな印象を与えたいのか? 最初に明確にしましょう!

印象をコントロールしたいのならば、まずどんな印象与えたいのかを決めることが先決です。

では、どのように自分の与えたい印象を考えれば良いのかと言う事ですが、なりたい自分は大事です。ただビジネスをしているのであれば、お客様や受講生さんがいるならば、その方々に感じてもらいたい印象その方々にとってもらいたいアクションを考えてから、自分が与えたら良い印象を考えていくことも大事です。

仕事内容や写真を提供する媒体やジャンル、提供するサービスの価格帯なども考える必要がありますね。

視覚に訴えて印象コントロールするのに重要な3つはこれ!

  1. 視覚全体イメージ写真
  1. 色味
  1. 文字フォント

1.与えたい印象をイメージさせることが出来る写真を撮影する

与えたい印象の写真撮影前に考える必要があること

  • 撮影する背景
  • 撮影する衣装
  • 撮影日の髪型
  • 撮影するメイク
  • 撮影する小物
  • 撮影後の写真の未来活用
  • 与えたい印象となりたい自分
  • 2与えたい印象に効果的な色味を考えましょう

    色が持つ効果は絶大です色が人の心に与える影響については、まだ科学的に解明されてないことも多いが、様々な報告があり関心が持たれています。

    • 色が呼び起こす感覚や感情がある

    例えば、暖かく感じる色と寒く感じる色があります。例えば重く感じる色と軽く感じる色があります。膨張して見える色と収縮して見える色があります。興奮する色と鎮静する色があります。

    • 色は複数のイメージを持ち、2面性がある。

    例えば、赤は相性明るい、反面、嫉妬、怒り。青は、知的、誠実、信頼の反面、冷たい、孤独、憂鬱。黒は、高級感、強さ、おしゃれな反面、不吉、威圧的、邪悪。

    色がまず2面性イメージを理解できると、色はかなり使いやすくなりビジネスにもプライベートにも役立つと言うことです。

    貴方が与えたい印象に効果的な色味を考え、選ぶ必要があります。

    3.与えたいイメージに合う文字フォントを使いましょう

    どんな文字フォントを使うかで印象が変わることがわかりますか?

    同じフォントでも背景写真を変えるだけでイメージが変わってきます。フォントが持つ個性を押しだすことで、文章や広告、作品にある程度の印象を与えること出来ます。

    フォントやデザインが与える変化の具体的事例

    ぬいぐるみ心理学の場合

    制作してもらいながら、未来イメージや与えたい印象を思いだしデザイナーさんに制作してもらいます。ぬいぐるみという印象とマッチさせたフォントになります。かなり柔らかな印象。

    これですと、新規開拓するお客様イメージの方(覚悟を決めて次にステージを進む為に行動出来る人、25万円を払うと決められる人、依存するのでは無い人) に響いていく感じがしません。

    ぬいぐるみ心理学の文字フォントを変えてみて貰いました。学問らしい感じに。

    また、《ぬいぐるみ心理学》により視線がフォーカスされるように、ラインを入れてみてくれました。

    こんなことも出来るよ?とデザイナーさんの提案や他の写真などのデザインもお客様に投げかけて、このデザインに決定!

    仮のページに当てはめて、サイズやバランスを調整! iPhone やアンドロイドからもアクセスしてみてのバランスを確認して納品です。

    撮影した写真やデザインされたものをHPやSNS発信に多様に活用し発信をする。コンスタントに発信を続けていくことが大事!

    だからこそ発信に使える写真を手に入れて欲しいと使える写真撮影をしています。

    まとめ

    1. 貴方はどんな印象を与えたいのか? 最初に明確にしましょう!
    1. 与えたい印象をイメージさせることが出来る写真を撮影する
    1. 与えたい印象に効果的な色味を考えましょう
    1. 与えたいイメージに合う文字フォントを使いましょう
    1. 統一感のあるイメージをつけながらコンスタントに発信をしましょう

    ぬいぐるみ心理学🧸 リンクはこちら

    Category : 未来フォト日誌
    5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 丸山 京子

    5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 千葉県市川市出身。 7歳の頃から写真を撮影してきた。常に写るんですがバックに入っているようなカメラを常に持っている子供。 5年後の姿を描いていただき、未来の自分になりきってもらい、 その姿を1枚の写真におさめたプロフィール写真とヘッダーを作成。 ビジネスが次元上昇する力を イメージの力で援護している。 お客様の姿や想いに共感、感動した時に、心でシャッターを切っており 表情の切り取りに 根強いファンがいる。

    ブログ一覧へ戻る