5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー

days未来フォト日誌
未来フォト日誌

七五三の前撮り撮影を自宅でするときに事前に準備するものは何?

七五三を近々迎えるお子様いらっしゃりますか?

4月に3歳になった男女双子の娘と息子の七五三を祝い
11月に地元の神社にお参りするつもりながら
着物を用意する以外の手配をしていないでいた
のんびり者の丸山京子です。

手配していた着物を着せて
自宅で前撮り撮影風に撮影してみて
事前に準備した方がいいことなどが明確になりました。

七五三を迎える親御さんが
自宅や自宅付近での前撮り前に
やっておいた方がいいことや
買っておいたいいものを
フォトグラファー視点も含めてお伝えします

試着をして気がついたこと

✅自分の浴衣も着れないぶきっちょな親では
男の子の着物を着せることは困難であること
女の子の着物であればなんとかなること

✅成長度合いによって
着物が長い または 短い などによって
裁縫が必要になってくること

✅活発な子供の場合は着崩れることがあるので
着付けを依頼するにしても少しの知識は入れておく方が
当日のために良さそうだということ


(最後はここまで着崩れました。ちゃんとした着付けも出来ていなかったですが。)

前撮り前にやっておくといい13個のこと

 

  1. 着物の手配
  2. 草履を履かせる練習
  3. 着付けの練習または着付けの手配
  4. 美容院またはヘアーメイクの手配
  5. 写真家の手配
  6. 撮りたいイメージがあれば事前に写真イメージをまとめて連絡
  7. 前撮りに参加する人への連絡
  8. 子供の好きなおやつや飲み物の用意
  9. 子供の好きなDVDや音楽など
  10. 子供の笑いのツボ、笑顔のツボ幾つか押させておく
  11. 親の服装や髪型や靴などの準備
  12. 着物を着る事前説明
  13. 小物の用意(必要に応じて)
    *サスペンダー(男の子の着物を固定するため)
    *花のヘアクリップなど(女の子のヘアメイク用)
    *和傘や扇子やバック

 
小物などはヘアメイクさんが持っていたり
出張してくれるフォトグラファーが持っていたりするので
事前確認するといいと思います。
 

子供の笑顔を残すために事前に親が出来ること

お子様との写真撮影を普段からされていますか?

お子様が写真慣れしているかによって
お子様の人見知り度合いによって
表情の柔らかくなるまでの時間が違うと思います。

大人もですが、
「笑って〜」と言われてもなかなか笑えなかったりするもの。

カメラを向けて自然に笑えて、ポーズも出来る人は
撮影しながら、本当尊敬しちゃいます!

自然に笑顔もポーズもできない私だからこそ
会話をして笑顔を引き出し、
良さそうなポーズも提案しています。

お子様の笑顔を残したい!と願う気持ちがあれば、
普段から「ニコニコー」とか「あはは〜」とか
笑顔になる時の声がけを決めておいたり
携帯電話でもいいので
一緒に写真撮影を楽しんでおいたりする
と良いと思います。

生まれてからずーっと写真撮影をされてきた
うちのツインズは写真撮影が当たり前だったりします!
キスもいつもしているので日常の行動なので
自然とできたりします。
 

お子様が写真撮影に飽きてきた時の対処法

 
お子様の好きな食べ物や飲み物を用意しておき
ちょっとずつ ご褒美をあげる!

おやつのチョイスは
*着物を汚さない
*口を汚さない
*口の中に残らない

お子様が体験したことのない小物を
時間の経過と飽きてくるタイミングで投入する!
扇子や傘やバックなど。

レンタルのものを壊されたりすることが
怖いなぁーと思う親御さんであれば、
100円ショップなどでも和装に合う小物を販売していますし
ネットショップなどでも購入可能なので
自前のものを使うことをお勧めします。

親になってみて七五三は特別な想いが入ると感じてます。
子供の成長も感じますしね。

せっかく撮影依頼しているのならば、
できる事前準備をして満足のいく
七五三の出張撮影にしたいですよね!
七五三の前撮りの準備の参考になれば嬉しいです。

家族の未来のために残す
自然な笑顔と自然な雰囲気の撮影写真の
家族の未来フォト撮影依頼も受け付けております。

Category : 未来フォト日誌
5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 丸山 京子

5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 千葉県市川市出身。 7歳の頃から写真を撮影してきた。常に写るんですがバックに入っているようなカメラを常に持っている子供。 5年後の姿を描いていただき、未来の自分になりきってもらい、 その姿を1枚の写真におさめたプロフィール写真とヘッダーを作成。 ビジネスが次元上昇する力を イメージの力で援護している。 お客様の姿や想いに共感、感動した時に、心でシャッターを切っており 表情の切り取りに 根強いファンがいる。

ブログ一覧へ戻る