5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー

photographer写真の撮り方
写真の撮り方

1秒でトライ!写真撮影プチアドバイス!部屋が煩雑な場合だけど撮影したい時はこうすれば良い!

プロフォトグラファーである丸山京子が伝える携帯写真撮影プチアドバイス!部屋が汚いけれど写真は撮影したい時ありますよね!両親他界でシングルマザーで双子育児をしている私。しかも体調を崩してしまう日もあり、片付けが苦手となると、部屋が荒れてしまいます。ですが、写真撮影することが日常的なので、部屋が汚くても撮影する時があり、無意識のうちにやっている事を、お伝えいたします!

子供たちの写真だけでなく、パートナー撮影や、自撮りにも応用出来ますので、お試し撮りしてみてくださいね!

部屋が煩雑な場合だけど撮影したい時の対処法3パターン

パターン1

iPhone ならば #ポートレートモードで撮影!

なぜ?
背景がボケる(はっきりみえなくする感じ)から。

ポートレートモードを使ってみると
背景をぼかせる。
 ↓
ぼやっとなるので
部屋の乱雑さを少し誤魔化せる♡


写真撮影の時にカメラを開く。写真の横に、ポートレートとあるので、そのポートレートモードにする!


1秒でトライ出来るのでやってみてくださいね!

パターン2

Before 真ん中中央奥の乱雑さが気になる!

撮る方向を変える!

After 子供たちとテレビを中央に配置。凄い乱雑な場所は撮影にいれない。

乱雑さが目立つ場所を映し出さない方向はどちらからでしょうか?それを考えてみてくださいね!それだけで写真の印象、親が写真にざわつく気持ちが変わります!

パターン3

床に散らばる物たちが気になる!

真上から撮影する

真上から撮影すれば、部屋全体が映らなくなります!表情などは映せませんが、何をして遊んでいたかはわかりますよね。

まとめ

  1. ポートレートモードを使ってみる
  2. 撮影する方向を変えてみる
  3. 真上から撮影してみる

どれも意識するだけで簡単にできることのみなので、意識して撮影してみてくださいね。部屋が乱雑だから撮影しないのではなくて、部屋が乱雑だけど撮影可能になる方法で、是非写真撮影をいつも楽しんでくださいね!

出来ない!より出来る!方法を何事も見つけていきたいものです。

Category : 写真の撮り方
5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 丸山 京子

5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 千葉県市川市出身。 7歳の頃から写真を撮影してきた。常に写るんですがバックに入っているようなカメラを常に持っている子供。 5年後の姿を描いていただき、未来の自分になりきってもらい、 その姿を1枚の写真におさめたプロフィール写真とヘッダーを作成。 ビジネスが次元上昇する力を イメージの力で援護している。 お客様の姿や想いに共感、感動した時に、心でシャッターを切っており 表情の切り取りに 根強いファンがいる。

ブログ一覧へ戻る