5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー

days未来フォト日誌
未来フォト日誌

経営者の方々の未来を視覚イメージで応援する未来フォト!

未来フォトとは? 5年後のなりたい姿を写真に実現する写真撮影です。プロフィール写真撮影だけでなく、発信に使い続けられるオリジナルのイメージ写真も一緒に撮影するのも特徴になっており、様々なことを成し遂げてからの、新しい未来ビジョンを描かれた経営者の方々に支持していただけております。都内スタジオでの1時間で完結するプロフィール写真撮影とは異なる、撮影するまでにも、最短で1カ月はかかる未来フォト撮影は、何故経営者の方々を応援できるのかをお伝えいたします。

経営者の方をなぜ応援したいのか?

良きサービスや商品や教育などを提供されている経営者の方々がより変化することで世の中が変わるから!私の力は微力ですが、経営者の方々の想いやメッセージに、写真が持つイメージの力をつけることで、より世の中に広まっていくお役に立ちたいのです。

何故経営者の方々を応援できるのか?

経営者の方々は左脳派が多いです。

  • 数字や分析に強いのが、左脳派
  • 画像や感覚に強いのが、右脳派

認知されていく時、物が売れていくとき、サービスが広まっていく時、言葉プラス画像イメージが必需アイテムです。

言い換えれば、認知され、売れるため、広まっていくには、良き内容、発信ならば、添える画像イメージも良きもの、適切なイメージを添える必要があります。

私、未来フォトグラファー丸山京子は言葉から画像イメージを湧かせることが得意です。そして、ビジネス経験を経た上での右脳派です。

未来フォトを撮影される社長さまの未来ビジョンや今後の展開、発信内容と現在の状況や発信を聞かせていただき、今と未来を踏まえた上での画像イメージを湧かせた撮影提案を書類に落とし込み、その内容にご納得頂いた上で撮影を行っています。

右脳派であり、あらゆる提案をしていくことか得意な丸山京子にイメージ提案をお任せ頂き、最終的には、一緒に未来イメージを膨らませ、写真に撮れるまで明確にしていきます。

経営者こそ数百枚の写真があると時間効率、費用対効果が良い

経営者の方々は時間が限られています。だからこそ、たった1回の写真撮影で、3年以上使い続けていける、発信に使える写真を多数撮影しておくことで、メルマガやブログ、SNS(Facebook, Twitter, Instagram )などの発信、印刷物など、あらゆる発信に同じテイストの写真でありながら、少しずつ違う写真イメージで、統一感を与えながら、飽きさせない発信を続けていくことを可能にしていけます。

だからこそ、600枚や800枚など撮影のパターンや状況により枚数は変化しますが、数百枚の写真をSDカードに入れた生データで提供させていただいているのです。ただ枚数が多いのではなく、1テーマに関しての撮影パターンが圧倒的に多いです。

必要に応じて、写真を加工出来るデザイナーさん、ホームページ作成、ランディングページ作成出来る方と、イメージを共有して、お繋ぎしております。

また、携帯で画像加工が可能になるアプリも必要に応じて、ご紹介しております。

写真で得たい未来を引き寄せられる為には?

社長は会社の顔です。ですから、社長の写真は経営発展において大切です。御社を知るときに、社長の挨拶やプロフィールをチェックされる(未来の)取引先様がいることをイメージしてみてください。

誰だかわからない昔の写真で良いでしょうか? ビジネス内容とイメージが異なる印象を与えてしまう写真で良いでしょうか? 違和感を感じる、または、感じられてしまう写真で良いでしょうか?

画像が荒い携帯写真よりも、プロの一眼レフの画像を活用した写真が良くありませんか?下手な文字よりも、達筆な方が気持ち良いですよね?

経営を発展させていくならば、社長の写真が大切です!

御社はどんな事業内容ですか?社長の写真から与えたい印象はどんな印象でしょうか? その印象を与える為の背景は? 衣装は? ポーズは?

写真は与えたい印象を実現可能です!が、まずは、得たい未来を描くことが大切です。

求人募集を出していくのであれば、社員さんの写真や会社の雰囲気がわかる写真が大切です!

どんな人が働いているのか?どんな場所で自分が働いていくことになるのか?求職者は、自分の未来イメージをホームページや会社案内やポスター等の写真からします。そこに写す写真により、集まる人材も変わってくるのです。

求めてくる相手の未来イメージを写真で実現することも大事です!

物販の拡大を目指しているならば、商品の写真やその利用パターンの写真が大切です!

ある人が勧めていても、注文まで至らないとしたら、商品の写真のせいかもしれません。写真が暗い、商品の魅力が映せていないなど。(ホームページなどの注文システムが悪い場合もありますが、写真イメージで損をされているサイトもみかけます。)

得たい未来に繋がっていない原因を探して、そこを改善するイメージ写真を撮影して、発信することで解決出来ることがあります。

得たい未来を引き寄せる写真撮影(未来フォト)の流れ

未来フォトにお申し込みいただきますと、未来質問を投げかけさせていただきます。

その質問回答を踏まえて、対面もしくは、zoomやmessenger などで 2時間かけて、詳しくお話しを聞かせていただきます。

丸山京子が 未来イメージを膨らませて、紙媒体で撮影イメージをお伝えいたします。

撮影内容、撮影場所を決定 、撮影場所を予約

撮影までに撮影に必要なものなどを準備

未来フォト撮影 (2-3時間)

撮影後、データを確認しながら、写真活用イメージをお伝えいたします。

(申し込みは こちらから可能です)

未来イメージは事前質問の回答と未来フォト的コンサルティングで描かれる

ただ写真を撮れば、なりたい姿になれるとは思っていません。また、奇跡の一枚のような、未来の自分ではあるけれど、今の自分とかけ離れてしまっても、得たい未来は手に入れづらいと感じています。

コマーシャルを作るには、企業がいて、広告代理店さんがいて、企画会議をします。企画会議が大事です。何を売るために、何を広めるために、どんなイメージで、どんな場所で、どんな人が出て、どんなメイクで、どんな衣装で、何を持って、どんなポーズで、どう撮影するのか?

得たい結果に導いていけるイメージを作り上げてから、撮影になります。

未来フォトにおいての企画会議は、未来フォト的コンサルティングです!これが重要!

(都内スタジオ撮影のプロフィール写真撮影には、企画会議にあたる、未来フォト的コンサルティングの事前相談はありません)

未来フォト写真を活用した発信で、イメージを共有すること、セルフイメージを変えることが飛躍的な変化に繋がっている

未来フォトを撮影された経営者の方々の事業展開が起動にのったり、イメージ以上の展開がおきてくださっているご報告をいただける方々には共通点があります。

それは、撮影された写真を余すことなくあらゆる発信に多種多様にご活用していただいているということ。

そのことからも、与えていきたいイメージを写真撮影して、その写真を発信に使い続けていくことで、イメージは変えていけるということを実証していただいています。

未来フォト撮影後の変化事例

  • 新しい事業の展開に繋がった
  • 雑誌社から取材を受け記事になった
  • 新聞社から取材を受け記事になった
  • テレビ出演が決まった
  • テレビ出演のレギュラーが決まった
  • 新しい出版が決まった
  • ホームページ更新して収益アップ
  • メルマガを始めた
  • かっこいい言われるようになった
  • 声をかけてもらうことが増えた
  • 女性のお客様も増えた
  • セルフイメージが変わった
  • ビジネスステージが変わった

未来と今はイメージから変えられる

未来と今を変えていくには、【未来ビジョン】と【今の行動】

未来ビジョンを明確に描くには、明確なイメーが必要!

なぜなら、人はイメージ出来ないことは実現出来ない。イメージ出来れば実現出来る可能性が高まることは、脳科学的にも実証されているのです。

今の行動を続けていくためには、《自分を信じられる自信》と《未来の自分になれているセルフイメージ》が絶対に必要。

未来フォトでは、撮影を通して未来ビジョンを写真に撮れるくらい明確にイメージ化します。そして、撮影したプロフィール写真をみて、ご自身でご自身の写真に自信を持っていただいております!

プロフィール写真は、他者からの賞賛があると確かに嬉しいものですが、自分自身が納得して、自分が好きになるくらいな写真であることが一番大事です。そして、その自分自身が未来ビジョンを叶えている自分の姿と今の現状を繋ぐプロフィール写真であることがベストであると信じています。

未来フォトのプロフィール写真の感覚変化事例

未来の自分を自分で信じられるようになる

未来の自分になれて当たり前な感覚

未来の自分になれている感覚

なれてる(未来が今になっている)

未来フォト撮影 申し込み方法

こちらの未来フォトのページからお申し込みください

Category : 未来フォト日誌
5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 丸山 京子

5年後の姿を1枚の姿に実現する未来フォトグラファー丸山京子 千葉県市川市出身。 7歳の頃から写真を撮影してきた。常に写るんですがバックに入っているようなカメラを常に持っている子供。 5年後の姿を描いていただき、未来の自分になりきってもらい、 その姿を1枚の写真におさめたプロフィール写真とヘッダーを作成。 ビジネスが次元上昇する力を イメージの力で援護している。 お客様の姿や想いに共感、感動した時に、心でシャッターを切っており 表情の切り取りに 根強いファンがいる。

ブログ一覧へ戻る